結婚相談所の今昔

結婚相談所、結婚情報サイトなど現代は多数の婚活関連施設・サイトがあります。結婚相談所というと、出会いのない方、また婚期を逃してしまった方が利用するところというイメージがありますが、現代結婚相談所を利用する理由は変わってきています。本当に周りの人から祝福される結婚がしたい、本当に自分の条件に当てはまる人と一緒になりたい、こうした積極的なイメージの婚活をするために結婚相談所などを利用するようになっています。

昔は婚活という言葉もなかったし、結婚情報サイトなども存在しませんでした。しかし結婚相談所はかなり昔から存在していました。現代のように大手結婚相談所がチェーン展開しているというようなことはありませんでしたが、地域に古くから結婚相談所があり、親御さんが結婚しない息子さん、娘さんを心配されて相談に来たり、結婚したい男女がいいめぐり会いを求めて施設を訪れていました。

インターネット、パソコンなどない時代でも、理想の異性、また結婚の条件などをカウンセラーが聞いて、条件の合うお相手を探してくれるのが結婚相談所でしたし、実際、結婚相談所を利用して結婚され、幸せな生活を送っているという方も少なくないでしょう。当時は条件にあった人とお見合いをセッティングするという方法が一般的でした。

日本にかなり古くから存在してきた結婚相談所について、どのような歴史があるのか当サイトで探ってみました。これから結婚を希望される方、結婚相談所を利用される方のちょっとした知識としていただけたら幸いです。