戦争と共に成長してきた結婚相談所

江戸時代にはすでにお見合いをセッティングするサービスが生まれていたのですが、そこに雇用斡旋と結婚媒介を行う人が登場します。当時は混とんとした時代ですが、武士から町人まで広い対象で商売していたようで、結婚媒介の方がより儲けたことで次第に雇用斡旋をしなくなり、結婚媒介だけを行うようになり、こうした結婚媒介を行う施設が「肝煎所」と呼ばれ結婚したい男女に親しまれていたのです。

この肝煎所が結婚相談所という施設の最初といってもいいでしょう。結婚媒介と雇用斡旋を行っていた人は慶安という方で、そののち、明治13年になるといよいよ結婚相談所も本格化し、山口吉兵衛という方が大阪で結婚相談所を開いたのです。

この結婚相談所を開いた明治13年頃は幕末戦争があいつぎ、やはり男性の数が激減していました。仕事を求めて若者は都市部に移住し、男性が少なくまた良縁を求めるもののも多かったため、結婚相談所が大繁盛した時代です。地方から少なくなった若者の良縁を結婚相談所が受け持ってくれるのですから、これは親御さんにとっても安心な事だったでしょう。

この先、昭和になってからより一層多くの結婚相談所が開設され、ここからさらに第二次世界大戦が起こったことでまた男性の数が激減し、結婚相談所に良縁を求めてくる女性が多くなったのです。