仲人から始まった歴史

結婚相談所というと最近各地域に出来た施設でしょ?と思っている方も少なくないのですが、実はかなり古くから存在しています。その起源は鎌倉時代にあるといわれています。その当時はまだ現代のように施設を設けてそこに結婚したい男女が集まるというシステムではなく、仲人さんが職業として誕生したといういことが結婚相談所の起源とされています。

日本は古くから結婚を認めてもらうためには仲人を立てることが必要で、これが鎌倉時代初期になって職業として誕生したことがのちの結婚相談所につながっています。この時代、戦に行って夫が戦死し、夫を失った女性のためにお相手を紹介する人がいたという事で、初婚以外、再婚相手を探すという事も当初から行われてきたことなのです。

仲人が男女を引き合わせるというものから、江戸時代中期あたりになるとお見合いという形が生まれました。お見合いでは男性と女性それぞれの世話をする人が男女を引き合わせる場を設けてそこでお見合いをセッティングしていたというのです。お見合いの場は芝居小屋やお茶屋さんなどです。今もホテルやカフェなどでお見合いをすることがありますが、当初から行われてきたことだったのです。

この様に鎌倉時代から始まった仲人、お見合いの文化がやがて結婚相談所に成長していったのです。